HOME > 祈りとお別れのケア

祈りとお別れのケア

流産と死産

授かった命(いのち)を失ってしまい、深い悲しみの中にあることと思います。あるいは自分を責めてしまったり、家族に申し訳ないと感じているかも知れません。
たとえ僅かな時間でも一緒に過ごし喜びを分ちあった大切な命との出会いそのものは決して無くなりません。時間をかけてでも乗り越えて安らかな旅立ちを祈りましょう。
またいつの日にか、かわいい笑顔にめぐり逢うことがきっとできるでしょう。

流産について

医学的には妊娠がわかってから早い時期(妊娠22週未満)で赤ちゃんが亡くなってしまうことを「流産」といいます。妊娠全体の約17%(およそ6人に1人)、その内の8割が妊娠初期(12週未満)であると言われています。ほとんどの場合お母さんに原因はありません。
多くは「赤ちゃん自身の染色体異常」で、受精の瞬間から流産が運命づけられていたのです。
極端な飲酒や喫煙、違法ドラッグにより流産率は上昇しますが、妊娠初期の仕事や運動などが原因となるケースはまずないと言えます。なお母体年齢が35歳以上で流産リスクが約2.8倍になるという報告はあります [Rochebrochard E, Hum Re-prod. 2002]。

流産のケア

  • 流産の診断後、医師より病状と治療について説明があります。
  • 流産の治療に必要な血液検査を行います。

【日帰りで治療の場合】

  1. 治療当日の朝,外来にて超音波検査で胎児の状態をもう一度確認します。
  2. 子宮の入口を痛みなく広げるために医療器具(太さ3mm/長さ3cm)を挿入します。
  3. 安全に麻酔(静脈麻酔)薬と鎮痛薬を投与するための点滴を始めます。
  4. 麻酔で眠っている間に手術は約10分で終了です。
  5. 術後3時間ほどで麻酔がすっかり覚めたら退院です。

【1泊2日で入院治療の場合】

  1. 手術の前日に超音波検査で胎児の状態を、もう一度確認します。
  2. 子宮の入口を痛みなく広げるために、医療器具(太さ3mm/長さ3cm)を挿入します。
  3. 手術当日の朝、安全に麻酔(静脈麻酔)薬と鎮痛薬を投与するための点滴を始めます。
  4. 麻酔で眠っている間に手術は約10分で終了です。
  5. 術後3時間ほどで麻酔がすっかり覚めたら退院です。

死産について

妊娠12週以降で子宮内または出産中で赤ちゃんが亡くなり産まれることを「死産」といいます。
頻度は妊娠全体の約1%と少なく、原因は様々ありますが約25%は不明です。
赤ちゃんの大きさによりますが、通常のお産のように陣痛を起こして出産する必要があります。
死産の事実をまだ受け止めきれずに気持ちに余裕がない時ではありますが、時間を長くおいてしまうとお母さんにも大きな負担となる病気になりやすいので、診断されたらご家族や医師、看護師さんのサポートのもとで、赤ちゃんをお見送りする準備と治療が必要です。

死産のケア

  • 死産の診断後、医師より病状と治療について説明があります。
  • 死産の診断に必要な血液検査を行います。
  • 死産後に医師が作成する死産証書を役所に提出し、埋葬許可証を受け取ります。

【2泊3日~3泊4日で入院治療の場合】

  1. 入院当日、超音波検査で胎児の状態をもう一度確認します。
  2. 子宮の入口を痛みなく広げるために医療器具(太さ3mm/長さ3cm)を挿入(※1)。
  3. 子宮収縮薬を3時間ごとに腟内挿入(※2)、必要なら(※1)・(※2)を複数日実施 。
  4. 分娩後は超音波検査で子宮内を確認、必要なら子宮内容除去手術を実施。
  5. 母乳分泌を抑える薬を内服、体調の回復を確認して退院。

人工妊娠中絶

様々な理由で妊娠を継続できないと決めなければならない時があります。
授かった命を絶つことに耐えがたい苦痛を感じるのは、あなたが命の大切さを知っているからです。
たとえ僅かな時間でもあなたに宿った命が確かにいた事と今の心の葛藤を忘れずに、安らかな旅立ちを祈りましょう。

人工妊娠中絶について

人工妊娠中絶とは、法律(母体保護法)に基づいて「胎児が母体外において生命を保存できない時期(妊娠22週未満)に人工的に胎児および付属物(胎盤・臍帯・羊水など)を母体外に排出して中断すること」 です。
以下の条件に該当する場合にだけ、母体保護法指定医師が行えます。

  1. 妊娠の継続又は分娩が身体的または経済的理由により母体健康を著しく害する恐れがあるもの。
  2. 暴行もしくは脅迫によってまたは抵抗もしくは拒否ができない間に姦淫されて妊娠したもの。

人工妊娠中絶は、本人と配偶者(またはパートナー)の同意が必要です。
当院が作成する治療承諾書にご署名とご捺印していただきます。どちらかでも18歳未満の場合は必ず保護者(またはこれに準ずる方)の同意が必要です。
また年齢を問わず、万一の場合に備えて必ず保護者連絡先をうかがいますが、必要なく当院から連絡することはありません。
また外部からの問い合わせに関しても個人情報保護の観点から、相応の理由なくお答えすることはありません。

治療の副作用・合併症

【麻酔によるもの】

  • 呼吸抑制、血圧低下、ショック、誤嚥(吐物が気管支に紛れ込むこと)などがあります。
  • 体格にあわせた基準の麻酔量より少なめから開始します。
  • 生体監視モニター(自動血圧計、酸素分圧測定など)で術中だけでなく術後も管理して発症予防に努め、異常に素早く対応できるようにしています。
  • 麻酔が足りない場合は適時補充し、除痛と鎮静に努めます。

【手術によるもの】

  • 子宮が傷つかないように、超音波検査監視下で慎重に子宮内容約90%の除去を目標にして治療します。
  • 子宮は月経のとき収縮して経血を排出します.大半の内容を除去すれば残りを自力で排出できるようになります。
    術後少量の出血が1週間程度持続するのはこのためです。
費用(※税込)
  • 初診日:22,000円(初診料、超音波検査、血液検査[血液型/B・C型肝炎/HIV/梅毒/血球検査]含む)
  • 手術日:手術料、医薬品・医用資材料、入院料など含む
週数 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21
治療費 12万円 16万円 18万円 30万円 34万円 38万円 40万円
  • 再診日:5,500円(再診料、超音波検査含む)

copyrightcSaint Mothers Clinic all rights reserved.