検査内容・処置治療のご案内

安全な和痛分娩に向けた取り組みについて

当クリニックでは、和痛分娩を安全に実施するために下記管理を実施しております。

1.麻酔薬の安全管理について

  • 硬膜外カテーテル(麻酔薬を持続的に投与するチューブ)が正しい位置に固定されているかを確認する。
    正しく確認されない場合は、躊躇なくやり直す。
  • 本番で使用する薬品より濃度が薄く少ない量で体調の異常が出現しないかチェックする。 安全が確認できない場合は、次の段階へ進まない。
  • 本番の麻酔薬もまずは少量投与で異常がないことを再確認のうえで必要量を投与する。
  • 頻回に麻酔効果を確認し、早期の異常発見に備える。
2.子宮収縮薬(いわゆる陣痛促進剤)の安全管理について

  • 麻酔薬の使用で鎮痛効果が発揮される一方で多くの場合陣痛も弱くなるため、自然の陣痛を補強する目的で子宮収縮薬を使用する。
  • 子宮収縮薬は点滴で使用する。
    少ない量から開始して母体と胎児の異常が認められないことを確認しながら階段的に ゆっくり増量する。
  • 有効な陣痛が得られたと判断したら、その量を維持してむやみに増量を続けない。
  • 頻回に子宮収縮薬の使用による効果を確認し、早期の異常発見に備える。
3.不測の事態が発生時の対応

  • 母体および胎児の状態に危険がおよぶ恐れが発現した時点で、分娩の進行状態を確認する。
  • 東北大学病院産科または周産母子センターに連絡し、転院または緊急手術を行うか協議する。
  • 緊急搬送の方針となった場合は、医師または助産師が同乗し救急車で移動する。
  • 緊急手術となった場合は、東北大学病院などより産婦人科医師の派遣を受けて当院で緊急手術を実施する。
  • 緊急度が低くても麻酔による影響が蔓延する場合は東北大学病院産科または関連診療科へ連絡し、受診する。

当クリニックの和痛分娩では、実施中の患者様に専属のスタッフが担当します。
なじみの顔のスタッフに、麻酔薬の効き具合や分娩進行の程度をじっくり確認しながら相談することで、ご安心とご満足いただけるよう心がけています。
お陰様をもちまして開院以来、一度も事故は発生しておりませんが、気を緩めることなく随時研鑽を積み重ねながら磨きをかけて、安全と信頼の実績を積み重ねてゆきたいと存じます。

セイントマザークリニック
院長 佐藤 聡二郎

copyright©Saint Mothers Clinic all rights reserved.